ローカルサイトに対するグローバルサイトか、国内サイトに対するグローバルサイトか。

2012年09月15日

グローバルサイトの情報収集をしていた時に、世の中には「グローバルサイト」が2種類あることに気づきました。

一言でいうと、ローカル情報を掲載する「国別サイト(=ローカルサイト)」があるかないかでグローバルサイトの位置づけが違っています。

(A) すでに事業をグローバル展開していて既に国別サイトを持っている会社

  • グローバルサイトは国別サイトへの誘導や、全世界共通の情報(会社情報やIR情報など)を掲載するWebサイト。
  • 例:日産自動車。グローバルサイト(http://www.nissan-global.com)とさまざまな国別サイト(米国だとhttp://www.nissanusa.com)があります。

(B) 事業のグローバル化がこれからの会社(日本語サイト+グローバルサイトだけ)

(A)は「ローカルに対するグローバル」という位置づけ、(B)は「ドメスティック(国内)に対するグローバル」ですね。

もうちょっと補足すると・・・

(A)については事業のグローバル進出がどれぐらい進んでいるか、とか組織形態によって国別サイトの中身は違ってきます。この辺を深堀りすると、Webサイトでの情報整理というよりは会社の構造とWebサイトの見た目でどう整合性をとるか、みたいな話が出てきます。

他にも関連するトピックがたくさんあって(僕の最近の仕事はもっぱらこの辺りがテーマなんですが)例えば、

  • 見た目の統一感をどの程度保つべきか?
  • グローバルサイトと国別サイト全体での情報設計
  • ドメインをどのように割り当てるか?
  • 誰が運用するのか?費用はだれが持つのか?

などなど。どれも唯一解があるわけではないので、厄介ですが興味深い取り組みです。

(B)はここでは日本本社の会社をイメージして書いていますが、他の国をベースにしている会社でも同じです。本社サイトは自国語で、グローバルサイトは英語なのがオーソドックスです。日本では中国語や韓国語も用意するケースが増えてきてますね。(でも単純に翻訳すればOKという訳ではないので注意が必要)

(B)についてもう一つ補足すると、サイトの作り場は同じでも日本”国外”のマーケットに向けの場合と、日本”国内”の外国人のために情報発信をしている場合があって、パッと見では区別しにくいと思います。事業内容をみれば判断出来ると思います。

ということで、グローバルサイトと一口に言っても2種類あるので、どっちのこと言ってるのか意識した方がいいですよ、という話でした。

投稿日:2012年09月15日 No Comments »

ご意見・コメント頂けると嬉しいです

カテゴリー

アーカイブ

自己紹介

クライアントワークとしてB2B企業のWeb活用支援と格闘中。グローバルでのWebガバナンスに長年携わってます。詳しくは自己紹介ページをご覧ください。

Blog内検索

ページトップへ