Google Analyticsで外部リンクのクリック数を目標値として設定する

2010年09月08日

8月28日〜29日で開発合宿に参加して、「Google Analyticsですこしトリッキーなデータを取得する」という課題に取り組んできました。いくつか取りたいデータを持っていったんですが、最初の1つでドツボにはまって結局それだけで終わってしまいました。

ということで、ほんの少しの成果ですが発表します。

取り組んだのは「ページAを見た人のなかで外部サイトへのリンクBをクリックした数を目標値として設定して、コンバージョン数や率をウォッチする」という設定。Google Analyticsでの話です。

trackEventは目標値に設定できない→trackPageviewを使う

まず、外部サイトへのリンクのクリック数はtrackEventとtrackPageviewという2つの関数を使って取得できます。数値自体はどちらの方法でも取得できますが、その数値を目標値に設定する場合はtrackPageviewを使います

今回はGoogle Analyticsのレポートに入れたかったので、trackPageviewを使いました。ちなみに、trackEventとtrackPageviewの違いは以下のとおり。

  • trackPageviewは仮想URLのPVという形でデータを取るのでPVが実数より増えます
  • trackEventは(aタグがonClickになったという)イベントが発生した回数を取るのでPVに影響しないけど目標値に設定できない

PVを正確に測りたい場合はイマイチなやり方なんでしょうけど、今回はコンバージョン数がすごく少ないので気にせず使うことにしました。

3種類のトラッキングコードごとに使う関数が違う

今回、ドツボにはまった原因は「Google Analyticsのトラッキングコード(ページに埋め込むタグ)に新しいコード(非同期コード)が登場していた(2009年12月提供開始、2010年5月からは標準コードに)」あと「トラッキングコードによって設定するデータの取り方(aタグに設置する関数)が違う」という2つが分かっていなかったことです。

Google Analyticsのトラッキングコードにはurchin.jsとga.js(従来版)とga.js(非同期版)があって、今回は非同期のga.jsを利用して設定しました。知り合いはurchin.jsで出来てるみたなので、それでもOKのはず。従来のga.jsではどうしてもデータが取れませんでした・・・。何が悪かったのかは結局分からずじまいです。

非同期のga.jsでのtrackPageviewの取得するためのタグはこんな感じ。

<a href="リンク先のURL" onClick="javascript:_gaq.push(['_trackPageview', '/outbound/link.html']);">リンクテキスト</a>

「/outbound/link.html」のところを自分で決めたダミーページのURLを記入して、そのPVという形で外部リンクのクリック数を計測します。

Google Analyticsでの目標値設定

上記のページ内の設定で必要なデータが取得できているはずなので、次にGoogle Analytics側で取得したデータをレポートに表示する施ていを行います。

目標設定を行う画面は、プロファイルの編集→目標を追加で行います。入力すべき項目と内容は以下の通り。

  • 目標名(必須):目標の名前。勝手に決めてOK。例:問い合わせ、購入、など
  • 有効な目標(必須):オンにチェック。オフになっているとレポートに反映されません。
  • 目標の位置:一つのKGI(=セット)に対して複数のKPI(=目標)を設定するときは、ここで設定してください。基本的にデフォルトのままでOK。
  • 目標タイプ(必須):URLへのアクセスを選択
  • マッチタイプ:基本的に前方一致のままで良いと思います
  • 目標URL:<a>タグに設定したダミーページのURLを記入します
  • 目標到達プロセス:目標到達までに特定のページを経由する必要がある場合は、そのページのURLを設定します。今回の僕のケースでは、ここにページAのURLを記入しました。

下図の赤枠内が必須入力項目です。
Google Analyticsの目標設定画面

これで設定完了。レポートはGAの左側のナビゲーションにある「目標」などで確認します。今後は、この目標を見ながらサイトのチューニングのPDCAサイクルを実践していきたいと思います。

参考

従来のトラッキングコードと非同期型に対応した関数タグの書式の違いは、「同期トラッキングコード移行マニュアル」というblogエントリーが参考になります。

あと非同期トラッキングコードは</body>の直前じゃなくて、</head>の直前に設置する方が良いらしいです。

投稿日:2010年09月08日 No Comments »

ご意見・コメント頂けると嬉しいです

カテゴリー

アーカイブ

自己紹介

クライアントワークとしてB2B企業のWeb活用支援と格闘中。グローバルでのWebガバナンスに長年携わってます。詳しくは自己紹介ページをご覧ください。

Blog内検索

ページトップへ