上手な仕事の頼み方(品質基準を示す)

品質管理を相手に委ねてしまう依頼の仕方は、たとえどんな水準のものが上がってきたとしても文句は言えない。それは「発注者がサボっているだけ」なのだ。ただ、勘違いしないでいただきたいのは、「品質の水準」は相手に示すが、「品質の管理方法」は相手に任せても良いということだ。管理方法まであれこれ指示をすると、箸の上げ下ろしまで細かく指示をすることになり、かえって効率が落ちる。

情報源: 人に仕事を依頼するのが上手な人は、こうやって頼んでいる。 | Books&Apps

続きを読む »

投稿日:2016年10月09日 No Comments »

あまり働かなくてもいい社会における問い(MITメディアラボ所長・伊藤穣一氏)

なんとか文化を変えて、お金を稼がない人にも尊厳と社会的地位を与えるような仕組みや制度を作り出せるだろうか?

情報源: AI時代の仕事の未来 – Joi Ito’s Web – JP

続きを読む »

投稿日:2016年08月26日 No Comments »

「いつも時間がない」人が考えるべき3つのこと

  • スラック
    コーヒーミルはコーヒー豆を詰めすぎると挽くことができない。道路は交通量が容量の70%以下でいちばんスムーズに機能し、スラックがないと渋滞が起こる。
  • トンネリング(視野が狭まること)
    問題が複雑な場合にトンネリングが生じると、真の解決策に気づかないまま、実りのない努力を続ける悪循環に陥りかねない。
  • 処理能力
    必要なのは時間ではなく処理能力

引用元: いつも時間がない人の処方箋―常に手術室が足りない病院が実践したたった一つのこと | いつも空が見えるから.

続きを読む »

投稿日:2016年07月03日 No Comments »

損益計算書(PL)の「五つの利益」とチェックの視点

一般的な損益計算書(PL)には利益が五つ記されています。上から順番に売上総利益、営業利益、経常利益、税引前利益、当期利益の五つです。

  1. 売上総利益(粗利)
    売上高から売上原価を引いた利益
  2. 営業利益
    販管費を売上総利益から差し引いたもの。本業で稼いだ利益
  3. 経常利益
    営業利益に金融関連の収入と支出を合わせたもの。経営の良し悪しを判断する指標
  4. 税引前利益
  5. 当期利益

1〜3が特に重要。例えば、粗利率が高くても販管費が多いと売上高営業利益率は高くならないので、できるだけコストを抑えた販売体制や人員体制をとることが必要。

引用元: 損益計算書(PL)の「五つの利益」はこうしてチェックする|ビジネスにいちばん使える会計の話|ダイヤモンド・オンライン.

続きを読む »

投稿日:2016年07月03日 No Comments »

「大企業病」の人に共通する5つの特性

  • 視野が狭い。自分の今の仕事にしか関心がない
  • 試行錯誤をしない。落としどころを見出すための検討ばかりをしていて、トライをしない
  • 足りないものばかりが視野に入る。(何をやっても足りないことはある。)手がかりを見つけて、少しでも前進させようとしない
  • 飛躍した非連続的思考についていこうとしない。ロジックのアラをみつけて、リスクを取らない
  • ただの正論を唱えて続ける。現場から乖離した「誰も否定出来ない正論」を振り回す

「大企業病」の人に共通する5つの特性 | GLOBIS 知見録 – 読む.

続きを読む »

投稿日:2016年07月03日 No Comments »

不毛な議論を避けるためのガイドライン

不毛な議論を避けるためのガイドライン

  1. 自説への固執を捨てる
  2. どんな意見を出す相手へも尊敬の気持ちを忘れない
  3. 批判よりも建設的な発言をするようつねに心がける

※論破は0点、心から納得してもらい相手をやる気にさせてはじめて合格

引用元: サイボウズ式:チームを破壊しているのは議論好きなあなた | サイボウズ式.

続きを読む »

投稿日:2016年03月19日 No Comments »

新習慣を身につけようとするときの4原則

私が新習慣を身につけようとするとき、いつも守るようにしている4つの原則があります。これらは、いろいろと試したなかで、毎回効果を発揮している原則です。

  1. 小さく始める:小さな習慣を毎日繰り返す。
  2. 一度に1つの習慣に集中する
  3. 障害を取り除く:必要なものをすべてその場に用意しておく
  4. 習慣を積み重ねる:現行のルーティンに新しいものを追加する

引用元: 私がどうやって朝型人間になり、新しい語学を習得し、5倍の本を読むという2015年の目標を達成したか | ライフハッカー[日本版].

続きを読む »

投稿日:2016年03月19日 No Comments »

時代による音楽の消費のされ方(お金の払われ方)- ASCII.jp:なぜ音楽は無料が当たり前になってしまったのか

“音楽の生産/消費のされ方は時代によって劇的に変化している”ということで言えば、“アルバム”が持っていたと思われる全体性=楽曲制作者が思い描いたトータルな世界観は、レコーディング技術の飛躍的な発達以前にはむしろ「コンサート」のほうに認知されていた。現在のクラシックの演奏会で常識となっている、厳粛に音楽と対峙し、作曲家や演奏家の精神性を読み取ろうとするあの態度である。

ところが、こうしたコンサートにおける音楽との接し方も19世紀の新興ブルジョアジーの台頭とともに誕生したものに過ぎず、さらに以前の18世紀の演奏会というのは貴族階級の社交会におけるBGM程度の代物だった。J・S・バッハもモーツァルトも、聴衆はおしゃべりをしながら、飲み食いをしながら喧騒の中で適当に聴いていたのである。

これが19世紀に入ると娯楽に金を回すことができる中産階級の出現によってコンサートがビジネスの体裁を整え、同時に“音楽がれっきとした芸術である”といういわば音楽の地位向上のために、楽曲に注入された作曲家の精神性、演奏家が表現する楽曲の世界観がスポットライトを浴びるにいたった

引用元: ASCII.jp:なぜ音楽は無料が当たり前になってしまったのか (4/5)|高橋幸治のデジタルカルチャー斜め読み.

続きを読む »

投稿日:2016年01月02日 No Comments »

「前提条件に疑問をつける」人は恐れられる – 感じが悪い人は、なぜ感じが悪いか

それまで常識とされてきたことを疑ってかかり、大前提の再検討を促す人物は注意を引き、それが妥当であれば一目置かれるようになるのだ。

後の二つは「怒りを示す人」「相手の話をさえぎる(ことができる)人」

引用元: 感じが悪い人は、なぜ感じが悪いか:PRESIDENT Online – プレジデント.

続きを読む »

投稿日:2015年12月10日 No Comments »

BtoB企業のコンテンツマーケティングの展開イメージ

BtoB企業のコンテンツマーケティングには、基本となる型が存在する。もちろん業種や商材に応じて提供するコンテンツは異なってくるが、マーケティングにて認知獲得〜リード創出〜リード育成までのプロセスを実施し、ニーズの顕在化した見込み顧客から順に営業部門に渡していく。

BtoB企業のコンテンツマーケティングの展開イメージ

1.オウンドメディアに記事コンテンツを蓄積して集客経路を確立(認知獲得)

2.記事コンテンツからebook、資料請求などの中間コンバージョンへ誘導(リード獲得)

3.メール、セミナーなど複数の打ち手でニーズを育成(リード育成)

4.営業活動

Web上で購買が完結するEコマースや、個人の意思決定によって購買が行われる一般消費者向け商材(BtoC)と異なり、BtoBのコンテンツマーケティングでは営業担当者がより効率的に営業活動をするために「ニーズを育てる」コンテンツ戦略が基本となる

引用元: BtoBコンテンツマーケティングの成功方程式|6つの事例で解説 :: コンテンツマーケティングなら株式会社イノーバ.

続きを読む »

投稿日:2015年11月15日 No Comments »

カテゴリー

アーカイブ

自己紹介

クライアントワークとしてB2B企業のWeb活用支援と格闘中。グローバルでのWebガバナンスに長年携わってます。詳しくは自己紹介ページをご覧ください。

Blog内検索

ページトップへ